Amazon輸出が今、人気である理由は前回、話したけれど…

それでもAmazon輸出で売れないという人はいる。
これは事実である。

しかし、Amazon輸出で売れない人も注意すべき点を踏まえるだけで、
かなり改善することがあるはずだ。

前回は仕入れと価格改定が非常に重要である。ということを話したんだけれども、

今回は我々がAmazon輸出をするメリットについて考えてみようと思う。

日本人としてのメリットをフルに活用すること

Amazon輸出で売れない…と嘆いている人の多くは、
他の出品者に埋もれてしまっている傾向にある。

もっと日本人であることをアピールしてみるといい。

実は日本製品だけではなく、
日本人は出品者として無条件で信頼されている。

日本人は簡単にいえば教養があり、丁寧であると思われている。

梱包や商品管理など、
私たちが「普通」と思っていることが海外では「丁寧」になるのだ。

そして、これは他のAmazon輸出、海外販売せどらーとも一致したのだが、
海外の購入者は日本出品者に優しい印象がある。

無在庫販売で在庫切れのミスをしてしまったときも、
クレーム無しで取引を取り消してもらったこともあるくらいだ。

Amazon輸出で売れない方は、
日本人に生まれたというメリットをフル活用してほしい。

そして、お客さんをさらに意識して大事にすることが次の利益に繋がるのだ。

Amazon輸出で売れない大きな原因の一つが価格改定だ。

価格改定とは、要は出品後の価格の調整のことである。

出品だけを行って価格改定を一切していないと、
はっきり言って全く売れないだろう。

それはAmazonが最安値順(価格順)に出品者を表示させる方式をとっているからだ。

商品コンディションに付属品の欠落など、
大きなデメリットが書かれていない限りは、
お客さんは基本的に最安値の商品を購入する。

なので、出品者はできるだけ最安値で出品をしようとするわけである。

価格改定を一切していないと、
この価格競争に置いて行かれ、商品は売れない。。。

せっかく売れ筋の商品を安く仕入れても、
価格改定をしっかり行わないとAmazon輸出では売れないのである。

また、無在庫販売を行っている場合、
価格改定を適正に行っていないと、売れるまで時間が経ちすぎて、
売れた時には、仕入れ値が上昇していた…なんてことにもなりかねない。

これではAmazon輸出で売れない…ではなく、
稼げないになってしまうので注意だ。

はっきりいって国内せどりよりも、
価格改定が重要なのがAmazon輸出である。

逆にいうと、出品後の商品管理をしっかりしていないライバルは多いので、
ここで差をつけることができる。

今、話したことははっきりいってAmazon輸出の常識といってもいい。
だけれども、この常識をみんなやっていないのだ。

私の周りのAmazon輸出参入者も
目先のノウハウや知識ばかりを追っていて、
リサーチや価格改定を怠っていた。

なので、彼らのAmazon輸出は売れなかったわけである。

そりゃ誰だって楽にお金を稼ぎたい。

でも、Amazon輸出やせどりはそんなに甘くはない。
売れないまま辞めていく人もいるのである。

Amazon輸出で売れない大きな原因の一つは、
「リサーチ」。つまり仕入れ作業だ。

Amazon輸出における仕入れリサーチ

Amazon輸出で売れない=仕入れがうまくいってないというくらい、
仕入れ、リサーチは大事な作業である。

なぜ、ここでリサーチという言葉を出したかについてだが、
Amazon輸出の出品方法として、
無在庫販売という手法がある。

Amazon輸出をやってる方の多くがこの無在庫販売での出品を行っている。
これはAmazon輸出ならではの手法であり、
リスクが少ないというメリットがある。

無在庫販売がなんなのかは別項で述べるとして、
どちらにせよ、Amazon輸出で利益を上げるためには…

・仕入れ値と海外Amazonでの売値に価格差がある商品かどうか
・その商品が売れ筋のものかどうか

である。

大事なのは価格差よりも売れ筋の方だ。

結局のところ、いくら価格差があっても、
売れなくては意味が無い。

これは国内せどりにも通ずるのだが…
海外事情に詳しい方ならともかく、
日本国内に住んでいるのなら、実際に海外でなにが人気があるのかはわかりにくい。

これがAmazon輸出が売れないといわれる大きな要因だ。
しかし、過去のデータからその商品がどれくらい売れるかは予測できる。

そこで有用してほしいのがモノレートである。

国内せどりをやっていた方には馴染み深いモノレート。
このモノレートのUS版があるので、
価格差がある商品が実際に売れるかの指標としてぜひ活用してほしい。

これでAmazon輸出が売れないを少しだけ改善できるはずだ。

このサイトでは、
Amazon輸出で売れない人やこれからAmazon輸出を行う人のために、
海外販売での実践的なノウハウや知識を紹介していく予定なのだが…

そもそも、Amazon輸出とはなんなのかについて話していきたいと思う。

Amazon輸出が売れないのはなんで??と気になる方は読み飛ばしてもらってもOKだ。

ただ、Amazon輸出が売れない原因の一つとして、
Amazon輸出というビジネスがどういう仕組みで成り立っているか、
その大枠を理解していないこともあげられると思うのでちょっとおさらいするのもいいと思うぞ。

せどり・転売ビジネスについて

Amazon輸出はせどり・転売ビジネスにおける一つの手法といってもいい。

今はもう1つのジャンルとして確立しているわけだけど、
Amazon輸出も平たく言えば、転売なのである。

せどり・転売ビジネスとは、
店舗やネット販売サイトなどから仕入れたものを、
Amazonで売って、その利益を収入とする、ことをいう。

基本的に出品、売るのはすべてAmazonを対象としている。
Amazon輸出も海外のAmazonだよね。

なぜ、Amazonなのかについては、
Amazonという販売サイトが世界中で広く認知されているからに他ならない。

日本でも欲しいものを探すときにAmazonで価格を調べたりする人も多いはず。

「とりあえずAmazonで…」が普通になってるくらい、
Amazonは広く浸透しているわけだ。

仕入れ方法によって名前が変わる?

せどり・転売ビジネスは仕入れ方法によって具体的な名称が異なる。

例えば、仕入れを行うのを実店舗で行うことを「店舗せどり」という。
そのままだね。

一方、Amazon以外のネット販売サイトやオークションサイトから、
仕入れを行うことを「電脳せどり」という。
誰が最初に言いだしたのかは知らない。

せどり・転売ビジネス新規参入者は、
この「電脳せどり」をメインにやってる人が多い。

なぜなら、電脳せどりは楽だから。

電脳せどりは外に出ることなく完結できる在宅ワークなので、
老若男女問わず、人気があるんだね。

それで、この電脳せどりの仕入れ先を海外Amazonにしたのが、
Amazon輸入。
そして、国内Amazonで仕入れた商品を海外Amazonで出品するのが、
Amazon輸出になるわけだ。

そう、だから、
Amazon輸出と聞いて、難しいものと思う気持ちもわかるけれど、
流れは普通のせどりと同じで、出品するのがただ海外なだけって認識をもってくれればいいと思う。

Amazon輸出が売れない原因やその改善方法についても書いていこうと思っているから、
チェックしてみてほしい

Amazon輸出とは??

 

副業系のサイトや雑誌を見た方なら、
一度は「Amazon輸出」という言葉を聞いたことがあるだろう。

なんだかとても難しいように感じるだろうけれど、
簡単にいえばAmazon輸出とは、
「日本のAmazonで購入したものを海外のAmazonで売る」ことを言う。

そして、売値から(仕入れ値+諸費用)を引いた値を利益として得るビジネスだ。

要は転売、せどりの手法の一つが「Amazon輸出」ということになる。

Amazon輸出はせどりの方法の1つ

専門知識が特に必要ないことからせどりは今でも人気の副業であり、
せどりに関するノウハウなどの商材、ツールも多く出ているわけだけれど…

転売やせどりは、
「安く仕入れて、高く売る」を基本理念としている。

それで、この仕入れ先や出品先の違いで、
電脳せどり」とか「Amazon輸出」とか「刈り取りせどり」なんて
名称が変わったりしているわけだ。

でも、結局は「安く仕入れて、高く売る」。
これにすべて集約される。

さて、せどりに関しての基礎知識はまた今度として…

Amazon輸出がなぜ今、こんなに取り沙汰されているのか??

Amazon輸出が人気の理由として挙げられるのが…

・円安

2015年下半期現在、日本は円安傾向にある。
この円安がAmazon輸出の人気の原因という人もけっこういるけど、
正直、そこまでの影響はない気もしている。Amazon輸入で儲けている人もいるし…

・個人輸出の環境、Amazonの存在

これが正直、一番だろうと思う。
3年前くらいは個人で輸出ビジネスを行う人なんて、
相当の語学力やノウハウが必要だったと思う。

しかし、今は海外販売もPCやスマホ一つでできる時代だ。
発送を委託できる業者・サービスも多くある。

そしてなによりもAmazonという、
世界最大級の販売サイトがあるおかげで、集客に関しては心配がない。

さらにAmazonは個人出品や個人輸出を行う上での、
FBAなどのサービスも数多く用意してくれている。

Amazon輸出は、
まさしくAmazonじゃないと稼げないからAmazon輸出なのである。

・せどり参入者の拡大

恐らくなんだけれど、これもAmazon輸出が人気である大きな要因の一つ。

副業としてせどりを行う人が近年、多くなっているのは上でも言ってることだけれど、
せどらーが増えるとそれだけ、
出品価格競争が起きやすくなるし、仕入れ商品が見つからなくなる。

5年前に利益がでていたものが、今では1円で出品されている。なんてことがザラにあるわけ。

国内のせどりで稼ぎにくくなった… ⇒ じゃあ、海外で仕入れ、販売をしよう!!

という人が出てきて、
それがだんだんとメジャーになってきているのが今ということ。

メジャーになってきている、といっても、
Amazon輸出を行っているせどらーの割合は全体からすればほんの少ししかいない。

海外となると言語の問題や手続きが面倒と思う人が多いからだ。

だからこそ、Amazon輸出は今やるのに絶好の副業なのである。